2014年03月10日

愛知ヘリテージマネージャー養成講座(第三期)第7回(会場犬山市)に参加して

「犬山市の歴史を活かした町づくり」と題して。
愛知のリテージマネージャーの長谷川・奥村・松田の三氏の犬山の町屋のスライドによる
講義を受けた後、文化財建造物現地実習 (犬山市城下町現地見学)を行った。(H26年2月15日)

愛知県建築士会の山本事務局長初め、他5名のHMに案内をしていただく。
愛知県教育委員会文化財保護室の牧主任主査からも案内していただく。
次に載せる写真は講座の直前に犬山城を見学した時のものと、
現地実習の2時間足らずの町歩きで撮った写真の中からの掲載です。

犬山城天守 応急修理(工事中)
1-013 犬山城全景_R.JPG
「国宝犬山城」 漆喰・高欄等の修理工事
解体修理から約50年が経過し経年劣化が進行している。
その一方で、入城登閣者数の増加で休日は混雑している。
その安全を考慮して4階望閣の高欄、床及び漆喰の一部等を応急的、部分的に修理している

天守閣から城下町を見下ろす
2-087 天守閣から城下町越しに名古屋市方面を見る。右手は木曽川_R.JPG
手前に城下町。右が木曽川、左遠方に名古屋市内の高層ビルが幽かに見える。

犬山城と城下町の模型 [「城とまちミュージアム」に展示 ]
3-261 「城とまちミュージアム」の城下町の模型_R.JPG 
江戸時代(天保11年)犬山祭の当日を、山車の巡行やおおぜいの人出で再現。
現在でも江戸時代と変わらない町割りが残る。

犬山は今でも江戸期の町割りが残っている。
明治24年の濃尾大震災で町屋の姿は変わってしまったが、
その前は美濃市の町屋のように「うだつ」のある町並みであったらしい。
再建に当たったのは旧犬山藩のお抱え御大工(おんだいく)達で寺社・城郭建築の技術を
活かし頑丈な町屋を造り上げていった。
京風の格子戸の町並みが連なっていたと言われている。

文化財建造物現地実習 (犬山市城下町現地見学) 
本町・新町交差点 [ 角は「なつかし屋」 明治13年 ]
4-142 なつかし屋の角から 町並み_R.JPG
この二つの町並みの道路は拡幅工事が計画されていたが、中止して「伝統的建造物群
保存地区」を目指して整備されている

旧磯部家(登録文化財) 商家 慶応年間 
5-170 曲線「むくり」屋根の家_R.JPG
外観 優雅な曲線を画く「むくり」屋根

同 旧磯部家 – 2 土蔵 明治8年
6-192 磯部家の土蔵_R.JPG 
入口から座敷へと通り庭で繋がり庭へ出ると土蔵が並ぶ

真野家(登録文化財)  明治27年
7-208 真野家_R.JPG 
江戸時代から金融業を営み、旧丹葉銀行頭取の本宅

圓明寺 江戸初期
8-228 圓明寺 浄土真宗のお寺_R.JPG 
浄土真宗のお寺

梅田家(登録文化財) 商家 江戸末期
9-232 梅田家 黒板壁の商家_R.JPG 

忍冬酒主屋(登録文化財) 江戸後期 [ 小島醸造 ]
10-241 造り酒屋 忍冬酒_R.JPG 

◇ 助成金、補助金の取り組み
・「犬山市景観条例」を作成し、景観助成金として300万円を限度に、1/3〜2/3の
助成率で助成対象行為の区分に応じて各々の合計額を助成。
 ・「犬山市文化財保存事業費補助金交付要綱」により、国、県、市の文化財、登録有形
文化財建造物等に1/3〜2/3の額で500万円を限度に交付。

以上、愛知ヘリテージマネージャーのみなさんには、お忙しいところ当会3名の視察
を快く受け入れていただき、ありがとうございました。
今回掲載したものは、数は少ないが代表的な建築物です。
着々と多くの歴史的建築物、町並みの保存修復等の活動をされている現状を、
目前に見させていただき大変参考になりました。当県のHM講習への大きな弾みになります。

by 高原




posted by 富山れきけん委員 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム>町並れきけん散歩(県/国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

島根県・石見銀山

世界遺産の街、島根県・石見銀山(いわみぎんざん)に行ってきました。
10月19日・20日 島根県松江市で開催された、ヘリテージマネージャー協議会総会・大会のあと、
足を延ばして見学してきました。

image001.jpg

赤い、石州瓦(せきしゅうかわら・凍害に強いのが特色だそうです)と塗り壁の街並みが続きます。
江戸時代頃まで、日本は、世界でも有数な銀産出国であって、その産出の中心が、
石見地方でした。
戦国時代は毛利元就が、江戸時代は幕府が直轄しました。
毛利元就が強かったのがよくわかります。
元禄時代を境に、銀の産出は減っていったようです。
その後も、大森石見銀山は、明治大正昭和の初めころまで、石見地方の行政の中心でした。

image002.jpg
漆喰塗の家と、土壁の家の街並みです。

image003.jpg
後ろの山に載ったような家。昔話の世界に引き込まれたような、感じがしました。

image004.jpg
石見銀山で大きな役割をされた商家だった、熊谷家(重要文化財)。これは中庭。

image006.jpg

image008.jpg

居室・台所・浴室などが当時の姿、生活、歴史を身近に感じさせてくれます。

このような、町並みが残っていたことが凄いと思いました。
残っていていたからこそ、保存や復元が出来て、歴史を伝えてくれます。

by池田
posted by 富山れきけん委員 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム>町並れきけん散歩(県/国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

台湾の歴史的建築物その2


◆台湾にはたくさんの植民地建築物が建てられ、今なお現役で役割を果たしているものが多くあります。
その中の2つの建物をご紹介します。
旧台北医院本館(現台湾大学付属病院)  台北市指定古跡
1916年に旧台湾総統府の近くに建てられました。
設計は総督府営繕課で赤煉瓦に白色の帯状部材が配された「辰野式」建築です。
この病院は植民地に移住した人々に本国と同様な医療を提供し、
また被統治国へ日本の支配力を見せるという目的がありました。

ma1 (4).jpg ma1 (5).jpg
この建物は現在台湾大学付属病院として使われており、病院施設として地下鉄やタクシーなどを利用して訪れた人々が内部のホールを行き交っていました。
ma1 (7).jpg ma1 (6).jpg
↑内部の様子です。当初の姿を留めています。
ma1 (8).jpg ma1 (9).jpg
ディテールも素敵です。
ma1 (10).jpg

建具は木製サッシが使われています。
中には歪んだガラスも多く、古いものをそのまま使っていることが分かります。
ma1 (11).jpg

表の外部には気持ちの良いカフェテリアがあります。
テイクアウトのお店があり建物の雰囲気を損なうことのない店構えです。

旧制台北高等学校(現国立台湾師範大学)  講堂は台北市指定古跡
1922年に建設された学校建築です。
旧総督府から南東に下った地区にあり、近くには旧台北帝国大学(国立台湾大学)もあります。
ma1 (12).jpg ma1 (13).jpg
↑本館と講堂
ma1 (15).jpg ma1 (14).jpg
↑廊下そして会議室として使われている部屋  
内部も当初の姿のまま使われています。窓の建具は木製です。
ma1 (16).jpg ma1 (17).jpg
↑建物内部の柱頭と照明のディテール

台湾は白蟻による被害が多く、コンクリートの建物が早い時期から建てられましたが
それに先だって赤煉瓦が普及していました。「辰野式」建築にみられるように
外壁にむき出しの赤煉瓦が使われ、旧台湾総督府などはそれに白色の石材が配されています。
しかし旧台北医院本館では赤煉瓦に配される白色の部分はテラゾーが用いられています。
この旧制台北高等学校でも内部外部とも様々な部位でテラゾーが使われています。
ma1 (18).jpg 内部の柱脚、床共テラゾー
ma1(20).jpg ma1 (19).jpg
↑階段の床のディテール

今回の台湾訪問でいろいろな歴史的建造物や街並みを見てきましたが、
最も印象に残ったのがこの二つの建物です。建築後100年近く経った建物なので
現在は資料館や記念館のような使われ方をしているのかと思っていましたが、
訪ねてみると病院は病院として、学校は学校としての用途で普通に使われていることに驚きました。
どちらの建物も改修された様子がなく(さすがにトイレは新しい素材でパーティションを建てて、
便器や手洗器は現代の物に替えていますが、空間はそのままの姿です。)
当初の姿のままですが、どこも手入れがきちんとされていて気持ちよく、
清々しい状態で使われています。

古い建物でもこうして生き生きと使い続けることができることにとても感動を覚えました。
学ぶべきことが多いと思います。


台北には実に多くの日本の統治時代に建てられた建物が残っています。
今回紹介したように当初の用途のまま使われ続けている建物もたくさんあります。
その他建築当時の目的から、美術館、イベントスペース、店舗などに
用途変更して使われている建物もあります。
また数は少ないですが日本風の木造建築の住宅も残っています。
既に荒れ果てて崩れそうな建物もありますが、
近年木造住宅を改造して喫茶店などに利用することもおこなわれているようです。

台北には富山空港から直行便が運航されていて、気軽に訪れることのできる都市です。
ぜひ台湾の歴史的建造物を見る旅行をお勧めいたします。

台湾の食べ物にも満足していただけると思います。

byぶん


posted by 富山れきけん委員 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム>町並れきけん散歩(県/国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。